fc2ブログ

住宅ローンは踏み倒せ!? 

タイトルだけでは、乱暴に聞こえるかもしれませんが、最近の「耐震偽造問題」では、あまりにもひどい結末が見えてしまって、とても残念に思っています。

この結末は、何処へ向かっているのでしょうか。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。

以前も触れましたが、この「耐震偽造問題」での一番の大きな問題は、今現在住んでいる方、購入された方にあるのです。

はっきりと言えば、誰が責任を取るにしても、どんな罪になるにしても、そんなことが重要なのではないのです。

順番がまったく逆なのです。

確かに、犯人探しや問題点を明らかにすることはとても重要です。
今後の日本経済への影響も考え、また安心して暮らせる環境を作るためには、そういったことも必要でしょう。

しかし現実問題として、今の現状で住み続けることへの不安、怒り、引越し資金等、もっと重要で今すぐ必要なことがあるはずです。

以前もお伝えした通り、結局は実際に被害に遭われた方はほったらかしで、犯人探しを優先しております。

国会議員も政治家も、国も市も地方団体も、ここぞとばかりに点数稼ぎ、知名度アップに躍起になっております。

彼等の年収が、どれ程なのかご存知でしょうか?

誰一人、給料からの天引き、自分の財産等を投げ打ってでも助けたい、という人間はおりません。

今月は12月です。
先生と言われる議員達もボーナスがあるのです。
それをすべて、今回の件に充てるとすればどうでしょう。

日本にどれだけの「議員」と言われる人達がいるでしょうか。
地方も合わせると、トンデモナイ数になります。

たった1回のボーナスで、早急に対処することも可能なのです。

国の税金を使うということも検討されておりますが、決定するまでに時間がかかり過ぎるのです。

問題は、今すぐなのです。

話がそれてしまいましたが、今回被害に遭われた方は、住宅ローンは支払うべきではないと考えます。

キャッシングやカードなどで、その場だけやり過ごしても、何の意味もありません。
消費者金融等なら、簡単に借入れが出来るでしょう。
それでは支払が出来なくなります。

仮に、住宅ローンの支払をしないとすると、個人情報への影響は出ます。
何年かは、カードや借入れ等が出来なくなるでしょう。

しかし、それしかないのです。
残念ながら、この国では対応できないようです。

誰も助けてはくれないようです。
時間がかかりすぎます。

こんなことで借金をしたり、体調を悪くしたりすることの方が、本当に意味がありません。

少しの勇気があれば、何でも出来ます。
どちらにしても、一刻も早い決断をされた方が得策なのです。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト